即日利用ができるファクタリングの仕組み

ファクタリングとは売掛債権を買い取ってくれるサービスのことで、日本でも利用者が増えてきています。

日本では信用取引が一般的で売掛債権をすぐに現金化するということは、あまり行われてきませんでしたが、銀行の融資審査が厳しくなる、担保融資ではなく返済不要の現金が必要といったケースではファクタリングは有利なものです。また以前は一定金額以上でなければ利用できないものでしたが、個人事業主や少額な売掛金でも利用できるようになっており即日で対応してくれる業者も増えています。ファクタリングといえども買い取る側としては、それが必ず支払われる売掛金であるか確認する必要があります。

銀行などの審査と同様ですが、一方で即日で対応してくれるところも多くあり、場合によっては1時間程度で現金化できるところもあります。このようにファクタリングが即日で利用できる理由としては、それぞれの信用力を見ているためです。日本の商取引では信用取引が一般的であり、代金を必ず支払うことが商売をしていく上では重要なことになります。

業者は売掛先の企業としての信用力を調査して、問題がないと判断すれば即日で支払われる仕組みです。ただし、実際のところ手数料が高く、即日で対応しているようなところでは、20%から30%もの手数料が発生します。つまり100万円の売掛金であれば手に入れることができるのが70万円から80万円といったことで、このような利益率の高さからもファクタリングは対応が早い理由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *