即日ファクタリングはどんなケースで役立つのか

通常、売掛金の回収は1ヶ月以上の時間がかかります。

それに対し、会社を経営するうえでお金がすぐに必要となるケースは実にさまざまです。中でも最も多いのが、従業員の給与の支払いと言われています。例えば、繁忙期でアルバイトなどの臨時採用を積極的に行ったものの、その分のコストが予想外に多額だったというケースが考えられます。どの業界でも起こりうる事情ですが、特に雇用関係が流動的な建設業など、繁忙期がある引っ越し業などで起こりやすい事例と言われています。

給与関係は非常にデリケートですので、スムーズな資金調達が可能な即日ファクタリングがしばしば利用されているようです。また、車での移動が伴う運送業やさまざまな機械を導入するメーカーでは、突発的な事故や製品の製造に不可欠な機械が故障してしまう可能性があります。こうした場合、新しい車両や機械の購入費など、予想外に多額の費用が発生するものです。これらの購入の際は、手付金を早急に支払わないと納品してもらえないことがしばしばあります。売掛債権を保有しているのであれば、即日ファクタリングを利用すると問題は即解決します。

この他にも、下請け会社や孫請け会社が親会社の都合に振り回されてしまったり、急な原材料価格の高騰や為替の変動によって、あるいは災害や天候などの影響で事業に差支えが出てしまうなどの事情で、思わぬ資金が必要となるケースは挙げればきりがありません。こうしたあらゆるトラブルの解決に、即日ファクタリングは役立ちます。もちろん、どんな業界の企業であっても利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *