医療でファクタリングの利用は絶対なのか

医療でファクタリングの利用は絶対なのかと言うと、これは絶対ではないと言えます。

病院や診療所などのサービス提供者側に支払われる報酬の一部は、公的医療保険の保険金から支払われています。この支払いが済むまでは、サービス提供が終了しているものの料金が支払われていない部分は売掛金扱いです。そこでこの売掛金を何割かの価格で買い取り、その分のキャッシュを病院や診療所に支払うと言うのが、ファクタリングの仕組みです。

売掛金部分の支払いを保険者に請求してから、実際に報酬金が支払われるまでには2ヶ月を要します。しかしファクタリングを利用すれば、全額ではないものの売掛金の一部が、最短で当日、どれだけ長くても数日以内に支払われるので、病院や診療所にとってはメリットが大きいと言うことができます。絶対ではないものの、ファクタリングが医療で利用されることが多いのも、このメリットによるところが大きいと考えられます。

たとえば開院したばかりの病院などにおいては、初期段階での宣伝が必要不可欠で、それが新たな集客にもつながると考えられます。また実際の運営の中で利用者から指摘があったり、従業員が不便を感じたりした箇所については、早い段階で改善しておくことが求められます。しかしそのためには費用が必要です。仮に開院直後から客足に恵まれていたとしても、その報酬が手元に入ってくるのは2ヶ月後です。よってこの2ヶ月の時間を短縮するためには、ファクタリングの利用が有効だと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *