医療機関のファクタリング利用のメリットとデメリット

医療機関においては、報酬の一部は公的医療保険の保険者から支払われる支給金によって成立しています。

支給金が支払われる前の、サービス提供が終了しているにもかかわらず料金の支払いが済んでいない債権を買い取り、その分のキャッシュを支払うと言うのがファクタリングの仕組みです。医療機関がファクタリングを利用することのメリットですが、まずは融資とは異なり返還の必要性がないと言う点が挙げられます。

あくまで将来の収益を先取りすると言う形なので、現状の財政に負担をかけることなく、資金繰りの改善を目指すことができやすいと言えます。またファクタリングの利用に関しては、やはり融資とは異なり審査が必要ないと言うのもメリットです。また最短で即日、長くても数日程度でキャッシュが支払われると言うのもメリットです。

通常、保険者から支給金が支払われるのは請求してから2カ月後ですから、この迅速さはとても大きなメリットです。一方のデメリットですが、まず融資の際の審査に影響が出てくる恐れがあると言う点が挙げられます。ファクタリングを利用したことが銀行機関などの金融機関に知られると、資金繰りが苦しいと判断され、融資しても返済が滞るのではと判断されてしまうと言う具合です。

それから将来の収益を先取りしているわけですから、当然、その将来になった時には、手元に入ってくるキャッシュは少なくなってしまうと言うのもデメリットです。手数料なども必要なので、本来、入ってくるはずのキャッシュよりは額が減ると言うのも、デメリットだと言えます。よって医療機関でファクタリングを利用する際には、先々のことまで考え、計画性を持って利用することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *