変わりつつある千葉県松戸市の葬儀

千葉県松戸市は県北西部に位置し人口48万人ほどの比較的大きな規模の街です。

近年東京のベッドタウンとして人口が急増しています。松戸市のお葬式では告別式の焼香前に、親族で別れの杯を交わすという風習が残っていたりもします。また千葉県の葬儀では、近隣住民がお葬式にお手伝いをする葬式組や葬式班といったものもあります。故人が長寿を全うした時には5円玉に紐を通してポチ袋にいれて参列者に配る長寿銭という他の地域には見られない慣習も残っています。そんな千葉県松戸市の葬儀事情も昨今は変わりつつあります。

松戸で葬儀の情報を提供しているサイトです。

近所の人に手伝ってもらって大規模なお葬式をあげるのではなく、家族のみでひっそりと葬儀を行う家族葬が増えているのです。

高齢化が進み葬儀の参列者で多数を占めていた会社関係の人たちも、退職して何年も経過すると付き合いもなくなり自然と参列する人が少なくなっているという現状もあります。


また故人が生前に家族葬を希望している場合も多いです。


人生の最後は親しい身内のみとひっそりとお別れしたいや残された家族に負担をかけたくないという思いも多いでしょう。

核家族化も進み、高齢者が一人で暮らしていることも珍しくないため子供世帯は近隣住民との関係も希薄になりがちです。



葬儀の時だ近隣住民の世話になることは子供たちに負担がかかるという判断もあります。
また費用の面でも家族葬は安く済むということも選ばれる理由です。



今後松戸市では益々小規模のお葬式が増えるでしょう。

初心者向き葬儀

家族や親族が亡くなり、市川市内で葬儀をしようとする場合、喪主の選定とあわせて、葬儀の日時や場所についても、すみやかに決めなければなりません。こうした重要事項が決まらなければ、地域や会社などに案内をすることもできませんので、あわただしい中ではありますが、家族や親戚の内部で、そして葬祭業者との打ち合わせをしっかり行うなどして、遺漏のないようにすることが肝心です。...

more

難しくない葬儀

千葉県市川市においては、基本は仏教の形式での葬儀となりますが、亡くなった人の家系が属していた宗派によって、作法やマナーなどが多少違ってくることがあります。市川市で葬儀が行われる場合、一般的には民間の葬儀社が建設した葬祭ホールを貸し切り利用することになりますので、参列者が焼香をする場合は、立礼といって、立ったままで焼香をするのが通例です。...

more

葬儀関係の真実

千葉県市川市は、都心に近い立地条件から、いわゆるベッドタウン化が早くから進んでおり、どちらかといえば、昔から地域に住んでいる人よりも、新しく別の地方から引っ越してきた人が多く集まる地域といえます。そのため、葬儀のあり方についても、地域の住民がメインになって運営する、昔ながらの方法ではなく、葬祭業者に段取りなどはほぼ全面的に依頼をして、それぞれのプランに応じた内容にすることが一般的になっています。...

more

葬儀の基本知識

千葉県市川市内で家族や親族の不幸があり、葬儀を執り行う必要がある場合ですが、葬儀の式場として民間の葬祭ホールを利用する選択のほかに、市川市が公設で運営している斎場を利用する手段もあります。市川市の場合には、市内の北部のほうに火葬場とともに斎場を併設しているため、ここで通夜、告別式といった葬儀を執り行い、そのあとで隣接する火葬場に遺体を運び入れることが可能です。...

more